TOPページ 投資で利益を増やす方法

【投資で利益を増やす秘訣⑫】 新たなチャンスは永久にやって来る

【関連記事】インフレ時代はどこへ投資すれば良いか?

【関連記事】ドル円の為替はコロナショック後にどう動く?

 

今から「多くのトレーダーがよくやるパターン」を記述します。

どういう内容かって言うと、相場がどんどん高値まで大きく上がるのを見てて、ついつい自分も取引したくなって飛び乗るように買ってしまう・・・という行為です。

直近の底値から二倍ぐらいの価格まで既に上がってるけど、それでも買いたくてウズウズして遂には買っちゃう(笑)。

しかし、こういう「電車に飛び乗る」ような行動は危険です。

きっと天井が近いんですよ。

本人からすると「このチャンスを逃すともう他が無い!」といった心理状況に陥ってると察します。

しかしですねぇ〜相場というのは死ぬまで半永久に続く訳です。

100年後であろうが1000年後であろうが、人類が生存する限りきっと株価市場や為替市場は開きますよ。

だって、世の中には投資中毒の人間がアホみたいに大勢居るから(爆)。

この世から相場の取引を無くす事なんて不可能なんですね。

だからマーケットが明日も開く限り、相場の新たなチャンスは永久にやって来る。

バブルや暴落が永久に繰り返される。

新興企業や新興国が次々と登場する。




LINEではじめるFX【LINE FX】

 

そう考えるとですね、一つのチャンスを逃したのなら、次のチャンスまで待ってたら良いのです。

いや、もっと厳密に言うと、幅広くチャンスを探してタイミングがバッチリと合った時に、しれぇ〜っと参入すれば良い。

だから焦りは禁物。

焦ると大体、間違ったタイミングで間違った取引をする結果となりますわ。

どんなに強い相場であっても必ず調整する時が来るので、その時に参入するという手法もアリ。

ただし今後、数年間は長期で上がる投資対象を買わなければいけません。

投資の格言に「休むも相場」という諺があるけども、正確には休むのではなくて「次の準備をして様子見しておく事」が大切なんです。

自分が普段使ってる投資ツールに資金を入れて、自分が取引しようと計画してる商品の取引量と価格のターゲットを確認して、何時でも売買がスタート出来るように虎視眈々と、まるでライオンが獲物を収穫するが如く息を潜めて、値動きを毎日必ずチェックする。

そうすると相場全体の流れが掴めるようになって、今現在は好機なのかそうじゃないのかも感覚的に分かってきます。

これが偶にしか値動きをチェックしないようだと、相場の流れが感覚的に掴めなくなるのです。

だから、自分が取引してない期間中もマーケットを常に注視する事は、個人投資家にとって非常に大切であり、チャンスを逃さない作業と言えます。

-TOPページ, 投資で利益を増やす方法
-

© 2022 かしこいアホになる! Powered by AFFINGER5