20代までにやるべき事 TOPページ

【20代までにやるべき事⑤】 貯金を400万円以上貯める

【関連記事】ITエンジニアの転職サイトを9つ紹介します!

【関連情報】プログラミングスクールを6つ紹介!

 

「貯金をする」という行為に対して、大きく2つの意見に分かれるんじゃないかと思います。

一つは「貯金をするのは大切」という考え方。

もう一つは「貯金をするより使うべき」という考え方です。

あなたはどっちですか?

僕はどちらかと言うと前者の考え方です。
つまり、貯金はコツコツとしておいた方が後々になって役に立つと思ってます。

というのも将来、何が起こるか分からないからです。

もしかするとコロナショックのような世界的な危機が起こるかもしれないし、大きな病気に掛かって仕事が出来なくなるかもしれないし、或いは大きな買い物をしたり事業を立ち上げる資金に回すかもしれない。

そして何よりも、貯金をするメリットは「安心感を抱く事が出来る」。

つまり、心に余裕が持てるんですね。

これがおそらく貯金の生み出す最大限のメリットだと僕は感じます。

人に依っては、お金というのは「使う為に有るんじゃなくて、貯める為に有るのだ」と公言する大投資家も居ますからね。

 

 

なので、お金というのは別に使う用途が無ければ、どんどん貯め込んでも構わない。

そして銀行通帳を見ながらニヤニヤと一人で微笑むんですわ(笑)。

ま、そういう人は確かにちょっと気持ち悪いですが、しかしながら現実的に言うと老後までずっと貯め続けるのは難しい筈です。

何故なら、長年生きてると途中で散財して減らしちゃうから。

何を隠そう私がそれと同じパターンでした。

23歳ぐらいで300万円近くまで貯金を増やしたのですが、そこから音楽のレコーディング機材とかエレキギターを買って殆ど使い切ってしまいました。

その当時は「何割か残しておこう」という発想が全く無かった。

欲しければ全て揃えようと思って、次々と買い漁りました。

そうやってお金が手元から無くなると、途端に生活が苦しくなるんです。
東京へ引っ越しするにも資金が無いので、一から貯めましたわ。

だから貯金はずっと継続してコツコツ増やし続けないとダメ。

お金を全て失った金欠の時に、大体、お金が必要なピンチが訪れるからです。

-20代までにやるべき事, TOPページ
-

© 2022 かしこいアホになる! Powered by AFFINGER5