20代までにやるべき事 TOPページ

【20代までにやるべき事④】一生付き合える人間と交流する

 

【関連記事】ITエンジニアやプログラマーへの就職が好条件な理由

【関連情報】今、プログラミングスクールが人気の習い事

 

友達は多ければ良いというものでは有りません。
僕は浅い人間関係の友達なら、居なくても良いとすら思ってます。

昔、歌で「友達100人出来るかな?」という歌詞がありましたけど、殆どの人間は100人も友達が居ないでしょう。

100人どころか10人も居ない人間が多いんじゃないでしょうか?

しかし、それでも構わないんですよ。

要は、その友達が末永く付き合える人間かどうかが肝心なんです。
自分の本音が言えて、相手もそれに対して真剣に答えるような深い関係かどうかが大切なんです。

どうでも良い雑談しかしない相手とか、気が合わない人と無理に付き合っても、それが有益な時間になる事は有り得ません。

職場の人間関係にしても、その職場を辞めた後であっても交流が続くような人と親しくなるべきです。

会社というのは基本的にお金を儲ける目的で集まってる人達の集団なので、そんなに親しくなる要素もさほど無いんですよ、正直に言うと。

つまり、深い人間関係であるには感覚的に共感するものがないと、ずっとその人と交流が継続する事は有りません。


IT・Web・ゲーム業界のエンジニア転職なら【Tech Stars Agent】

 

なので浅い人間関係の相手にお金を惜しみなく使うとか、時間を十分に割くような行為は基本的に何のメリットも発生しませんよという事です。

それよりも、自分が一生を掛けて進んでいく道に於いて、同士となる人間と今後も付き合う方がよっぽど肝心です。

仕事の業界が違っても構わないのですが、生き方や人生観に近いものがあって、結束が固い人と交流するべきです。

そういった相手であればお互いにプラスの要因を生むので、両者が目標へ向かって高め合える訳です。

逆にこの人と一緒に居たり付き合ったりするとマイナスになるとか、足を引っ張られる、やりたい事を邪魔される、といった相手とは近寄らない方が賢明。

そして、自分がより高みを目指すのなら、自分よりも幾らかレベルの高い人と交流するのが良いです。

周りにそういったハイレベルな人が居ると、自分も有益な刺激を受けてレベルが吊り上げられていきます。

これを「リフト効果」と呼びます。

ま、僕が作った造語ですけどね(笑)。

 




薬剤師の求人・転職なら「ファルマスタッフ」

-20代までにやるべき事, TOPページ
-

© 2021 かしこいアホになる! Powered by AFFINGER5