TOPページ 人生で成功する方法

【人生で成功する秘訣④】時代の進化に対応する

 

【関連記事】ITエンジニアやプログラマーへの就職が好条件な理由

【関連情報】プログラミングスクールが習い事の花形

 

時代というのは常に進化してます。

20年前のルールが今では過去の産物になってる可能性も有る。

ところが、人間というのはなかなか過去の生き方とか考え方を変えられない生き物です。

それを自覚してる人はまだマシなのですが、中には自分自身が昔人間のまま変化する事も無く、おまけに過去の肩書きにしがみついて未来へ進むのを拒否してる人間も多い。

しかし、この生き方はお勧めしません。

僕がお勧めするのは「他人よりも早めに未来へ踏み出す」という前進する姿勢。

というのも、未来は必ず到来するのだから、どうせなら誰よりも先に未来を体験した方がワクワクするし、お得なメリットも多いからです。

最近は副業やフリーランスなどの自宅で個人事業を行うビジネスが注目されてますが、これなんか直ぐにでも参入すれば良い。

ダブルワークどころかトリプルワークでも構わないと僕なんか思ったりします。

会社の命令だけに従って社畜する時代は終わりました。

これからは「自分の仕事を自分で作っていく時代」だと思うので、周りよりもどんどん自分の仕事(サイドビジネス)を作って、収入源を増やしていけば良いんです。

これなんかも「未来へ先に進行する」からこそ出来る事。


【PR】週3日×高単価案件ならITプロパートナーズ

 

そもそも時代というのは変化し続けてるのだから、変わらない方が不自然。

日本という国は1980年代後半のバブルとその崩壊の頃から、国全体の成長がストップしてしまった。

いわゆる「経済成長率」が他国に比べてとても低いままの状態で給与も殆ど上がってませんが、この主な要因こそが「未来への進化を拒否した為」だと僕は個人的に思ってます。

つまり「政府や多くの日本企業が現状維持を続けた」とも言えますが、1990年代に不良債権の銀行を片っ端から潰したらもっと新しい新興企業に入れ替わってたでしょうね。

なので、現状維持というのは緩やかに退化してるのと同じ。

必要なのは時代の進化を受け入れる柔軟性。

例えば、昨年の自分と今年の自分を比べて変化が全く無ければ、その人はヤバイと思った方が良いです。

「昨年の今頃も寝転がって同じゲームをやってたわ」というのは切腹もの(笑)。

なので意識的に未体験のイベントへ参加する等した方が、インプットされる新たな情報が増えます。

すると斬新なアイデアが自分の中でどんどん湧いてきて、行動するモチベーションがきっと高まりますよ。

 




フリーランスエンジニアに安心保証と豊富な案件紹介

-TOPページ, 人生で成功する方法
-

© 2021 かしこいアホになる! Powered by AFFINGER5