TOPページ 男性が結婚したい女性の特徴

【男性が結婚したい女性の特徴③】家事を楽しめるタイプ

 

【関連記事】婚活を早めに始めた方が良い理由

【関連記事】恋愛事情はコロナ禍でどう変わったか?

 

結婚すると家事は誰かがやらなけばいけません。

そうしないと部屋がゴミだらけで散らかりますし、洗濯物が山ほど溜まりますし、そして御飯が食べられません。

なので家族全員が餓死します(苦笑)。

最近、ゴミ山のような家に住む「整理できない人」がテレビ番組でよく放送されるけど、家事ってのはやっぱり基本的に面倒臭い作業です。

だから横着過ぎる人は、ゴミ屋敷にそのまま住んじゃうんですけどね。

通常、夫婦の場合は自宅に長時間居る側が家事をやる割合が高くなると思うんですよ。

だから絶対に女性がやるとも限らない。

例えば、妻が会社の社長を務めてて忙しく、男が専業主夫をしてたら当然ながら夫が家事全般をやる筈です。

社長の妻が帰宅したら「お帰りなさ〜い♪」ってエプロン姿で男が出迎えるんです。


入会金・初期費用・成婚料は0円!
月額4,000~9,800円で利用できるスマホの結婚相談所【naco-do】

 

逆に夫が働いて妻が専業主婦をしてたら、女性の方が家事全般を務めてるでしょう。

世間ではこちらのパターンが多いですが、毎日やる家事なら嫌いよりも「別に苦にならない」と楽しめる方がマシ。

本来なら家事が好きな人と結婚するのが理想的ですが、そうじゃない場合だって多々有ります。

その解決策としては、「負担が極力掛からないやり方」を見付けて代用すれば良いんです。

食器洗いが面倒なら、自動で機械がキレイにしてくれる全自動マシーンを購入してラクするのもアリ。

布団を干すのが重労働なら、布団乾燥機だって家電ショップに行けば売ってます。

毎日の晩御飯だってメイドロボットに作って貰う。

嗚呼、これは22世紀の話ですけどね(笑)。

あとは家事を最初から夫婦で役割分担して、得意な方が得意な家事をやるのも効率的ですね。

 




無料カウンセリングと『お試し脱毛』

-TOPページ, 男性が結婚したい女性の特徴
-

© 2021 かしこいアホになる! Powered by AFFINGER5