20代までにやるべき事 TOPページ

【20代までにやるべき事①】生涯の本業を1つ決める

 

【関連記事】ITエンジニアやプログラマーへの就職が好条件な理由

【関連情報】プログラミングスクールが習い事の花形

 

もしも20歳の成人になったら、必ずこれはやっておいた方が良いという事があります。
それは「生涯の自分の本業を1つ決める」という事です。

正確には20歳と限定しなくても良いんだけど、出来れば22歳までに軸となる本業を決めた方が良いです。

理由は10代の未成年だと、まだ成りたい職業がコロコロと移り変わる可能性があるのと、25歳以降だとかなり遅いから。

完全に手遅れという程ではないけども、活動スタートするには20代前半からの方がタイミング的には好都合。

何故なら、年齢を重ねれば重ねる程、成果が出る頃には高齢となるし、求人で採用する側も躊躇するし、本人も精神的に追い詰められて苦しくなる為です。

「嗚呼、周りの連中は活躍して上手くいってるのに、俺はなかなか日の目を見ない」と心の中で焦ってくるんですね。


キャリアプラン設計なら【ニューキャリア】

 

なので、自分はこの仕事で生涯食っていくと決断したら、20代の前半までには何らかの爪痕をその業界で残したい。

特に男性の場合、結婚しても専業主夫になる割合は低いでしょうから、自分が老人になって年金暮らしになるまで、この20歳頃に決めた職業でずっと生きていく可能性がかなり高い訳です。

例えば、高校や大学を卒業して何となく就職はしたり、何となくフリーターや派遣社員に就いても、それらは一生続ける仕事には成りません。

一時的にご飯を食べる為に働く仕事といった感じで、ある程度働いたら殆どの人は辞めていく。

派遣社員には国が定める雇用期間も決まってますしね。

なのでそれらは「腰掛け」で終わって、死ぬまで使い続けられるスキルが身に付かない。

その為には「自分はこの仕事に一生を掛けても良い」という腹を括った決断が必要になります。

そして、その本業に自分のエネルギーと時間を集中して使えば、きっと人生の道が大きく開けるでしょう。

 


案件数業界最大級のIT求人ナビフリーランス

-20代までにやるべき事, TOPページ
-

© 2021 かしこいアホになる! Powered by AFFINGER5