TOPページ お役立ち情報

インフレ時代はどこへ投資すれば良いか?

.

【関連記事】ドル円の為替はコロナショック後にどう動くか?

【関連記事】日経平均はコロナショック後に上がる?下がる?

 

(1) コロナショック後に金や銀を買うべき?

金、銀などの貴金属の価格上昇が注目されてます。

コロナショックにより「有事の金」が積極的に買われてるのと、2000年から始まったコモディティーの上昇相場が続いてるからです。

特に金、銀、はアクセリーや工業部品によく使われるので個人にとっても非常に身近であり、尚且つ現物を自宅に保管する事も可能なコモディティーという訳です。

当然、金、銀、の取引は参加者が増える一方で、私はこれらの相場がいずれバブルになる事を否定しません(確信は有りませんので、自己投資でお願いします)。

 

 

つまり、世の中の人々がビックリするぐらいの価格まで上昇する事も視野に入れていて、自分でも「DMM CFD」の取引ツールを使って段階的に積み立て購入してます。

 

DMM CFD

 

 

相場が調整すると少し買い増すといった感じです。

金や銀の価格が何年も上がってる理由の一つは、貴金属の長期チャートというのが大体、20年〜23年間の周期で天井と大底を繰り返してるという歴史的な背景があります。

例えば、金の価格というのは1980年の中東戦争の時にバブルとなって天井まで昇り、そこから落ち始めて1999年の時に大底に達しました。

その間が20年。

今回の1999年からスタートした金、銀、の上昇相場はまだバブルの現象が起きてないので、23年間ぐらい上がり続けるかもしれないと個人的には様子見しています。

つまり、資源相場の長期的な周期データから計算すると、コロナショックの直後から再び上がって加速するというのが連想されるのです。

.

(2) どうして価格が上がってるのか?

そしてもう一つ、価格がまだ上がってる理由が「コロナショック以降に世界中の国々が金融緩和と財政出動を積極的に行ってる」という事実です。

コロナショックによって世界各国の株式市場が大暴落したので、アメリカのFRB、日本の日銀、欧州のECBといった中央銀行が物凄い金額のお札を刷って市場へばら撒いてるのです。

 

 

その金額が数百兆円という呆れるらいのメガスーパーな巨額であり、私はこんな大規模な金融緩和を今まで体験した事が有りません。

おまけに各国の政府は財政出動も並行して行い、国民にお金を定額給付金として配ってるので、景気対策として相場が上がり易い環境が整備されてます。

このような金融緩和や財政出動は同時に、一般国民へのデメリットも発生させるのです。

それが「貨幣価値の希薄化が起こる」という未来です。

お札を大量に刷って飽和状態にさせてるので、通貨の価値が落ちていくのは冷静に考えると当たり前なのです。

ところが、これで恩恵を受けるモノが有るのです。

 

 

それこそが金、銀、などのコモディティーの価格です。

理由は簡単で、お札は幾らでも大量に紙を刷れるのですが、金などの実物資源は地球上の埋蔵量が一定なので増やせないからです。

だからこそアフターコロナの時代は金、銀、などのインフレに強い相場が相対的に上がり易いと予想される。

おそらく株式市場と比べても引けを取らない程度に上がる可能性がある。

それぐらいコロナショック後は大本命と見られる投資先と言えます。

.

(3) 金や銀の取引に適したCFDを紹介します

 

DMM CFD

【DMM CFD】の特徴

■ 原油、金、銀、日経平均、NYダウ、S&P500、NASDAQ指数、など7銘柄にレバレッジを掛けて取引可能です。取引手数料は無料。出金手数料も無料。

■ JPN225/JPYのスプレッドを原則固定『7.0円』でご提供。スプレッドコストを圧縮する事で、より有利なCFD取引の環境をご提供。

■ 平日24時間、電話やメールのサポートに対応してる。業界初、LINEでの問い合わせも出来る。

■ 取引ツールはスマートな操作画面で取引・情報収集・分析が自由自在!FIFO注文機能&決済同時発注機能で大胆かつ繊細なトレードを実現。自分のスタイルで取引をしたい方にうってつけ。

■ お預かりした証拠金(評価損益・スワップポイントを含む。)は、金融商品取引法及び商品先物取引法等に基づき信託銀行(日証金信託銀行株式会社※)において、当社固有財産とは完全に区分して金銭信託されている。

■ クイック入金サービスが約340の金融機関に対応している。取引画面より簡単な操作で金融機関口座から24時間リアルタイムに資金が移動し、お取引口座に入金が反映されるサービスです。

 

 

CFDという取引がよく分からない人も結構居るでしょうが、簡単に説明すると「商品先物のような取引をFXのような感覚で簡単に出来る」といった感じです。

金、銀、もCFDで取引可能ですが、原油や日経平均やNYダウやS&P500も取引可能なのです。

つまり先物取引のようにレバレッジを掛けて10倍や20倍の金額の取引が出来るという訳です。例えば、自分が100万円を持ってたら10倍の1000万円分の取引も可能です。

しかしながら、先物取引とは大きく違う点があって、それは「限月で売らなくても良い」という点です。

 

 

先物取引は3ヶ月に一回、必ず保有してる持ち玉を「精算しなければいけない」というルールが定められてます。

これが面倒臭いのですが、CFDの場合はずっと保有したままでも構わないけど、ただし「コモディティー取引だと1日単位で金利が発生する、或いは株価指数の取引だと3ヶ月に一回、差額が発生する」というルールに則ってます。

なのでその必要手数料を偶にチェックしておいたら誰にでも取引が簡単に始められます。

FXと同様に申し込みさえすれば殆ど登録完了するので、先物会社のように申し込みを拒否されるような確率は低いと思います。

私自身もDMMのCFD取引口座に登録してますが、金、銀、などの取引には欠かせない絶対必要な存在になってます。

CFD取引に慣れると先物取引は面倒臭くて利用しなくなりましたね。

.

(4) 仮想通貨よりも金や銀を僕が選ぶ理由

コロナショックが起こる前年の2019年に仮想通貨バブルが大暴落しました。

私は仮想通貨に全く興味が無いので取引をしてなかったのですが、インフルエンサーと呼ばれるネット上の有名人が何人か買っていて、大損をしてましたね。

どうして私が仮想通貨に見向きもしないかと言うと、仮想通貨は「各国が公式に認めてないデジタルマネー」だからです。

政府が発行してる円、米ドル、人民元、などと違って国家の後ろ盾が存在してません。

なので、ある日突然、仮想通貨の取引が政府によった禁止される危険性も有る。

 

 

又はある日突然、過去のビットコインのように取引所の売買が停止するかもしれない。

そういった危険を犯してまで僕は購入する気には成りませんでした。

そんな仮想通貨と違って金、銀、などの貴金属は「現実に存在する実物資源」だという事です。

なので仮想通貨とは全く別物で、手に取って触れるし、目で見る事も出来るし、アクセサリーや電子機器のパーツにも日常的に使われます。

つまり、どれだけ値下がりしても0円には成らないという本来の資産価値としての安心感があるのです。

現物の金を自宅で保管してるのなら、子供に遺産として残せるぐらい優れた財産と言えます。

これらの金、銀、の価格が割安なら幾らか持っておいても別段損はしない。

それどころか、日本円の価値が将来下がって円安になる可能性が有るのなら、そのリスクヘッジとして金、銀、を幾らか買っておく方がポートフォリオの資産バランスから考えると合理的で望ましい行動だと言えます。

.

(5) 投資の秘訣は「なるべく安いうちに早いうちに買う」

もしも金、銀、がまだ高値になるのなら、当然ながらなるべく安い価格で買った方が利益が大きくなります。

今、この文書を書いてる時点で金価格は1トロイオンス=1700ドル、銀価格は1トロイオンス=17ドルなのですが、私はバブルへ突入して金は7000ドル、銀は100ドルを超えてもビックリはしません。

世の中の多くの人々は驚くでしょうが、1980年に金価格がバブルになった時のチャートを見ると最後にはスカイロケットが天へ向けて発射するような、一直線に急上昇するチャートを形成してます。

これこそがバブル相場のラストで起こる典型的な展開であり、それが再び起こってもおかしくないと客観的に見てるのです。

 

 

ですので安く買う為には、出来るだけ早く相場に参入するのが重要なキーポイントになります。

上昇相場や強気相場というのは大概、上がる日は多くても調整して下げる日は少なめに成ります。

「下がってきたら買おう」と心の中で思ってても、なかなか下がらずに買うチャンスを逃し兼ねない。

だからこそ私がお勧めするのは、タイミングを計らずに素早く買って、そして高値になるまでずっと保有する事です。

正直言って今の金、銀、の価格はいつ上がっていつ下がるかをタイミング良く当てるのが難しい。

なので短期トレードで細かく利益確定するよりも、一度買ったら大きく上がるまで売らないという長期保有の行動の方が利益を増やし易いです。

そして、この長期保有こそが大相場に参加して着実に儲ける秘訣とも言えます。

もしも金、銀、などを買いたいのなら、みんなが買いに殺到する前にいち早く安値で参入する事が最重要ポイントです。

-TOPページ, お役立ち情報
-

© 2021 かしこいアホになる! Powered by AFFINGER5